一般社団法人abilityアビリティ

Business contents事業内容

ボランティア活動・メンタルトレーナー養成など、abilityの様々な活動を掲載しています。

ボランティア活動

ボランティアについて明確な定義を行うことは難しいのですが、一般的には「自発的な意志に基づき他人や 社会に貢献する行為」を指してボランティア活動と言われており、活動の性格として、「自主性(主体性)」、 「社会性(連帯性)」、「無償性(無給性)」等があげられます。
わたしたちabilityは、ボランティアに少しでも参画したいと感じていらっしゃる個人・法人の方々にご自身ができる範囲のボランティアのお気持ちを形にするお手伝いをしたいと考えています。

ボランティアに登録する

メンタルトレーナー養成

メンタルトレーナーとはクライアント様の持つ潜在能力をフル活用し、定めた目標を達成するために、まずは自分自身を知ること(今の自分の悩み、不安、ストレス要因など)つぎに自分はこれからどうなりたいのか(明確な目標の設定)目標を達成するには、いかにしてメンタルコントロールをするのかということを、一人一人のクライアント様に応じた言葉や行動を選択して、必要なときに必要なパワーを発揮できるメンタルをつくるためのサポートをするというお仕事です。そのためには、まずはメンタルトレーナーになりたい自分自身を知ること、クライアント様が口に出すことはもちろん口にしない心の中に持っていることも探りだし、受け止めて成功に導くためのキーワードやアクション方法を的確に伝えるスキルを身に付けていただきます。

公認心理師(国家資格)取得中

ファーストステップコース受講希望者の方は面談を受けていただきます。面談の内容によっては受講をお断りする場合もございます。

ファーストステップコース(3h×4回) 費用¥40,000(税別)
メンタルトレーナーになるための必須段階。自分自身について知っていただきます。
相手を理解するにはまずは自分を理解すること、今までの自分を振り返り、自分の強み、弱みを知っていただきます。
セカンドステップコース(3h×12回)費用¥150,000(税別)
相手の潜在能力を引き出すためのメンタルトレーニング。
相手の想いを聞き出し受け止めた上で、相手の潜在能力を見つけて引き出すためのコミュニケーションのとり方、相手から信頼を得た上で相手の価値観や考え方に応じたメンタルコントロールができるようにトレーニングをします。
プロフェッショナルコース(合宿1週間+修了検定+論文) 費用¥540,000(税別)(宿泊費込)
1週間の合宿にてこれまでのおさらいと、カルテ作成手順、実践形式での模擬トレーニングをした後に、井上幸珠のサポートのもとで、実際のクライアント様に対してメンタルトレーニングをしてもらいます。また、論文の作成もしていただきます。全コースを終了された方には修了証書を発行いたします。

従業員を雇用している企業様は、助成金を活用したメンタルトレーニングを従業員の方々に受講して頂くことが可能です (条件etcについては、お問い合わせください)。
お問い合わせフォームにより気軽にご相談ください。

こども塾

abilityでは、親子揃って参加して頂く『こども塾』も不定期で開催しております。
現代における家庭環境の複雑さや友人関係の悩みなど、こども達もストレスに蝕まれていることも多々ございます。こどもだからこそ、「親に心配をかけたくない」「友達も同じ状況だから我慢する」といった自分自身の心に留め、内へ内へと心が閉鎖的になっています。 そこで、abilityは屋外における課外活動や楽しいイベントを通じ、こどもらしい素直な気持ちを取り戻すお手伝いを行なっています。
『こども塾』というネーミングですが、親御様向けの講義も合わせて行なっていますので、子育てに悩んでいらっしゃる親御様にとっても有意義な時間を過ごして頂けるのではないかと思っております。 是非、親子揃ってご参加ください。
また、開催時期や講義内容につきましては、ウエブサイトやSNSを通じてご案内させて頂いております。

野菜や魚介類、防災・防犯商品などの販売

ご登録頂いている協力会社様の商品をご購入頂けます。
新鮮な野菜や魚介類、災害時に備えておくべき防災や、防犯商品など、様々な商品を取り扱っております。
商品の販売に関しまして、当法人は行っておりません。協力会社である別法人によって責任をもって販売して頂いています。
ご購入につきましては、下記、電話番号に直接お問い合わせください。

法人名
高尾農園
会社所在地
〒671-2411 兵庫県姫路市安富町三森148
電話番号
0790-66-3038
ウェブサイト

防災・防犯商品や備蓄品リース

LINEリサーチ(2020年10月19日現在)によると、自宅に防災グッズを用意されているご家庭は、全体の約8割と防災意識の高さが現れる結果となっています。
しかしながら、災害はいつ何時発生するか分かりません。勤務中に災害が発生した場合、電車の不通や交通渋滞などにより従業員の方々が帰宅困難者になったり、安全を確保するため会社にとどまることもあります。自然災害の多い日本において、会社として社員の安全確保、食糧の備蓄などが必要になります。
防災商品や備蓄品を購入するには費用がかかり、商品の管理・賞味期限のチェックなど、社員の方々に負担がかかります。そこで、便利な濃彩商品や備蓄品のリースを行っている会社をご紹介いたします。
防災グッズの管理から非常時における訓練セミナーなども開催されています。詳しくは、下記バナーをクリックの上、別サイトをご覧ください。

防災・防犯商品や備蓄品リースはこちら